イメージ画像

看護師が介護施設で働く場合の基礎知識

介護施設は看護師のニーズが拡大している魅力的な活躍の場になります。共通して言えることは「病院とは異なり<治療の場ではない>こと」です。ここでは、看護師が介護施設で働く場合の基礎知識を解説します。

毎日毎日の高齢者の健康状態をしっかりと把握します。「普段と違うなぁ?」と感じた場合は医療機関と協力しながら適切な処置をします。四六時中バタバタしている病院と比べてみると「じっくりと看護ができる」のが魅力でしょう。

いずれの施設でも<健康管理>が看護師のメインの役割です。利用者様の介護度の程度によっても医療行為の幅も異なってきます。それぞれの介護施設の特徴を説明します。

1番目は<特別養護老人ホーム>で一般的には「特養」と呼ばれることが多いです。公共の老人ホームで入居対象になるのが介護度が1~5の要介護者で在宅介護ができない65歳以上の高齢者になります。介護施設の中で一番数が多く日本全国に約6000の施設があります。

民間の施設と比較すると費用が安いのが特徴です。入居待ちをしている高齢者が多く一般的には3以上待たされるのが普通です。介護度が重度の高齢者を優先しています。実質は要介護度4~5の高齢者がほとんどでしょう。特別養護老人ホームは入居者にとって<終の棲家>となっているのです。

「高齢者ひとりひとりに寄り添った看護をしてみたい」看護師にはおすすめできる職場ですが医師は常駐していません。不測の事態が起きた場合は全て医療判断は看護師がしなければなりません。少なくとも3年以上は病院など医療機関での看護経験がある人材が望ましいでしょう。原則的に夜勤がないですから、仕事と家庭の両立はしやすいです。

2番目は<有料老人ホーム>です。民間が運営する老人ホームで年齢の目安は60歳以上というところが多いです。最近看護師の求人が激増しているのがこちらです。看護師が常駐していることが利用者の安心材料になるからです。

入居金が数千万円レベルですし月額利用料も高いですから施設への要望も高いのが特徴です。スタッフは個人個人の生活スタイルに合わせた介護をしサポートします。看護師もホスピタリティーの高いサービスが要求されます。

施設によって「高級感」「アットホーム」など特徴があります。見学に行って自分の思っているイメージかどうかを確認すると間違いないです。大手企業が経営母体の場合は福利厚生も充実しています。

このページの先頭へ