イメージ画像

手術室看護師の特徴

手術をする際は、医師だけではなくオペ室看護師も大切な役割を果たしています。手術室看護師の主な仕事は、手術を行う医師をサポートすることが一つ、そして患者やその家族をサポートするというもう一つの仕事があります。

ドラマ等で医師に手術用の器具を手渡す看護師を見ることがありますが、 こうした器械出しも手術室看護師の仕事です。 手術用の器具といっても診療科目によって道具が異なりますから、 必要な器具を覚えるのも大変です。

また科目や医師によって手順も違いますから、それぞれの手順を きちんと把握しておかなければなりません。 手術がスムーズに行われるように、器械出しも手際よく正確に 行う必要があるのです。

この作業は手術室看護師として配属されてからすぐに身に付けることが 多いようです。 新人看護師も器械出しの手順を覚える中で、必要な知識が徐々に 身に付いていくのです。

そして手術室看護師のもう一つの仕事である外回りの仕事もあります。 これは先ほども少し述べたように、患者や家族が手術の際に 不安を感じないようにサポートするというものです。

手術の前は不安を払拭するような声掛けが必要ですし、 手術が始まったら状況を判断して必要な作業を行います。 患者の体位交換をしたり、看護記録を作成したりもします。

手術室看護師の仕事に憧れを持った場合、この仕事をするために 資格を取ったりする必要はありません。 手術を行っている病院であれば、配属の希望を出して叶えられれば 手術室看護師になることができます。

また手術室といっても病院によって状況はかなり異なります。 緊急手術を行う病院では慌ただしいこともありますし、 予定通りの手術しか行わない病院では残業も少ないようです。

手術室での経験は看護師としてのスキルアップにも役立ちますから、 興味があれば積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。 ただ病院によってはまず病棟での看護を経験させるなど 方針が違いますから、すぐに希望が叶えられなくても焦らないことです。

さまざまな介護施設で働く看護師

看護師は病院で働くばかりでなく、介護施設で働く人もいます。 介護施設というと介護士が主体の職場ですが、利用者の健康管理等のために 看護師が常駐することもあります。 利用者やその家族からしても看護師が施設にいると心強く感じますから、 看護師の存在は歓迎されるものとなっています。

病院で働く看護師と介護施設で働く看護師では仕事内容にも 違いがあります。 介護施設で働く看護師は基本的には利用者の健康管理を行い、 バイタルをチェックしたり、服用している薬の管理をしたりします。

また口腔ケアや褥瘡ケアなどの医療処置を任されることもあります。 もちろん利用者の健康状態が急変した場合は医師へ連絡をとったり、 場合によっては救急車に同乗することもあります。

介護施設では食事の補助やトイレ・入浴の介助は介護士が行いますが、 人手が限られていますので状況により看護師がこれらを行うこともあります。 また介護施設といってもいろいろな施設があり、利用者の状況も異なります。

デイサービスなど利用者が日中を過ごす通所施設の場合は、 あまり医療的な行為を行う必要がありません。 主な仕事といえば入浴の際にバイタル測定等を行うことでしょう。 施設の開所時間が決まっていますから残業もありませんし、 プライベートを大切にしながら働くことができます。

介護状態の重い入居者が多い特別養護老人ホームでは、 利用者の健康状態が変化した際に看護師が判断することになります。 何かあれば医師に連絡をとることになりますし、施設を離れている間に オンコールを受けることもあります。

また民間経営の有料老人ホームでは、入居者への手厚いサービスを 売りにしている所が多いので、看護師もホスピタリティを持って 仕事に望む必要があります。

入居の際にかなり高額な料金を支払う所などは高級感があり、 看護師もそれにふさわしい振る舞いが期待されることもあります。 施設によっては夜勤がある場合もありますから、勤務条件は よく確認しておくようにしましょう。

このページの先頭へ