イメージ画像

病院の薬剤師求人:有給休暇について

以前に比べると、有給休暇をきちんと取得できる取り組みを企業側も行うようになってきたため、雰囲気的に有給休暇を取りづらいという風潮は徐々に改善されてきています。医療機関の場合、仕事の性質柄、どうしても有給休暇を取りにくいところがありますが、職場の取り組みによって改善されつつあるようです。
薬剤師転職-転職理由を考える

有給休暇の支給日数については、それほど病院によって大きな差はありませんが、大事なのは有給休暇がどの程度消化されているかという点です。薬剤師についても、その病院の就業規則に従い、有給休暇を取得することが可能になります。休養のために取得してもよいですし、旅行等のレジャーに使用しても良いでしょう。

ですが、急病等でない限り、有給休暇の申請は計画的に余裕を持って申請することがルールです。いきなり「明日有給取ります」では、自分の仕事の調整も困難ですし、職場全体のワークフローに影響を与えかねません。

逆に言えば、職場が上記のような事前の調整ができる体制であるかどうか、ということが有給休暇の取りやすさに影響してくるということです。自分の仕事を替りに行う人員の体制ができていれば、必然的に有給休暇は取りやすくなる訳です。

職場での職員一人一人に作業的な余裕がなく、職員間の連携も上手く取れていないような場合、有給休暇を取ることも儘ならなくなってきます。職場見学会や説明会といったイベントがあれば、その職場の雰囲気を注意して見ることが大切です。仕事がしやすい雰囲気は、そのまま有給休暇が取りやすい雰囲気にも繋がります。

また女性の場合ですと、出産の為の産休や、育児休暇といった長期的な休暇を取る可能性がありますが、そのような場合も、不在時の穴をきちんとバックアップしてくれるような雰囲気の職場であるかどうかは非常に大切なポイントです。

有給休暇を取得したくてもできない状態が長く続くと、精神的なストレスも蓄積してしまい、結果的に職場に対する不平・不満となってしまいます。前述の見学会や、関係者からの情報収集等を通して、働きやすい(有給休暇が取りやすい)職場を見極めることが大切です。

病院薬剤師:クリニックについて

地域医療の要とも言えるクリニックですが、そこでも薬剤師に求められる役割は重要です。薬剤師として、地域医療の向上に貢献するという明確なビジョンを持って日々の仕事に臨むことが大切です。

クリニックにおける薬剤師の仕事は、病院との連携を円滑且つ的確に行うことが重要です。より柔軟で幅広い視点を持って業務を行うことが大切だと言えるでしょう。

クリニックの薬剤師求人数は比較的多いので、情報としては入手しやすいと言えるでしょう。ですが、クリニックによって様々な条件が異なっているので、自分が求める条件、環境を明確にしておかないと、どの求人情報が良いか決め切れなくなってしまう可能性もあります。

また、職場の雰囲気といったような要素については、どうしても実際に勤務してみないとわからない部分というのはありますから、その辺りの判断も難しいところと言えるでしょう。

このような時に心強い味方になってくれるのが、薬剤師専門の求人・転職エージェントです。専門のスタッフが実際に職場を見てきてくれたりすることもあるので、まさに職場の生きた情報を提供してくれます。

前述したように、クリニックの薬剤師の待遇は、クリニック毎で大きく異なってきます。将来的にどのような役職に就けるのかという点によっても待遇は大きく変わってきますので、その辺りの情報もしっかりリサーチしておく必要があります。

また、教育などの研修制度が充実しているかどうかも、仕事を通して薬剤師としてのスキルをレベルアップさせていきたいと考える方にとっては、重要なチェックポイントになります。

クリニックは、病院との規模の違いこそありますが、医療機関であることは同じであり、そこで勤務する薬剤師の責任の大きさには、病院と何の変わりもありません。時には求人・転職エージェントを活用して、情報収集をしっかり行い、やりがいを感じることが出来る、自分の希望に合った求人先を見つけることが大切です。

このページの先頭へ